1. ホーム
  2. 新たな原子力利用技術の研究開発

新たな原子力利用技術の研究開発

分離変換技術の研究開発

分離変換技術は、使用済み燃料の再処理工程で発生する高レベル放射性廃棄物中の元素を、利用目的に応じて分離し、そのうち放射性毒性が強く半減期の長い核種を短寿命核種あるいは安定核種に核変換する技術です。

高温ガス炉の研究開発

高温ガス炉は、高温でも安定しているヘリウムガスを利用するため約1000℃という高い熱でエネルギーを取り出すことができます。この高い熱を利用し、発電することと一緒に、環境にやさしい、次世代のエネルギーとして期待される水素を、CO2を排出せずにつくることができます。

国立研究開発法人 日本原子力研究開発機構

Copyright(C) Japan Atomic Energy Agency. All Rights Reserved.